2012年06月04日

修復する

特に、パソコンやデータなどが壊れたときなどに良く聞く、
「修復」という単語。

まず、思い浮かべるのが、パソコン購入時についている
「リカバリー・ディスク(修復用CD)」ではないだろうか?
ここで使用されている「recover」は、文字通り、「修復」や「復旧」といったかじで、事故やミスによって壊れた物や状態を改善することを表している。思い出したいのが、まっさらで使える状態にはできるが、あとから自分で追加したものは、戻ってこない。

一方で、「restore」という単語もある。
同じように使われているが、若干、ニュアンスが異なるのである。
こちらは、「復元」という意味に近く、例えば、壊れたデータの対応に、バックアップからデータを復元した場合などに用いる。つまり、元に戻す(同じ状態)のである。

「修理する」のか、「元に戻す」のか、
ITエンジニアが、よく出くわす選択のひとつである。


ラベル:IT 英語
posted by だいふく at 16:59| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

進行に関する英語

会議やプレゼンでは、次々に議題を進めていかなければならない。

一般的なのは、
First, First of all,(最初に、まずはじめに)
Then, Next,(それから、次に)
Finally, Lastly(最後に)

議題等の数が決まっているのであれば、
First,(第一に)
Second,(第二に)
Third,(第三に)
And finally,(最後に)
「The first thing is...」のように形容詞的に使うこともできる。

次の話題に進行していく場合は、
move on to〜
が有名で、よくラジオ番組等で使われる「次は、ニュースです」みたいなのは、
moving on to the news room.
になる。
posted by だいふく at 16:50| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

出張中の連絡

日常の職場でよくあるケースで、担当者や責任者が出張(:business trip)に出かけてしまったとき、どのようにコンタクトしたらいいのだろうか?

関谷英里子さんの「入門ビジネス英語」に、ちょうどいいフレーズがあったので参照させてもらいました。

担当に連絡方法を尋ねるのは、
How can I reach you while you're away?
「出張の間、どのように連絡をとれば、よろしいでしょうか?」

他にも、同じ意味で使える以下のフレーズも紹介しています。
How can I contact you?
How can I get in contact with you?
How can I get in touch with you?

の問いに対して、よくある回答は、以下。

I'm taking my PC, so you can either send me emails or call me on my mobile.
「パソコンを持っていくので、メールか、携帯に電話してください。」

携帯電話は、
a mobile phone, a cell(cellular) phone
と呼ばれるが、「mobile」が一般的だろう。
ラベル:英語 出張
posted by だいふく at 17:40| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

英語でのお礼の手紙

就職などで推薦状を書いてくれた方などに対してのお礼の文章。
「Thank You Letter」などと呼ばれる。

まず、わざわざ自分のために、貴重な時間を使って作成してくれたことに感謝を示そう。

Thank you so much for taking the time to write me a letter of recommendation for my job search.
とか、
Thanku you for your wonderful recommendation for my job application.
みたいなかんじで。

それから、手ごたえとか進捗状況を書いた後に、
Thank you again.
などを用いて、もう一度、感謝の言葉で締めくくるといいと思う。

結果は、改めて報告して、その時に食事などをおごるのが一般的だろう。
ラベル:英語 お礼
posted by だいふく at 18:06| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

転職に活かせる英語

転職: a career change, changing a job(occupation)

転職を求める英文章の書き方としては、
これまでの経験を語った上で、その経験を新しい業種にどう生かせるかが重要である。

はじまりは、
After ten years in a successful practice of the general affairs,
I decided on a career change.
みたいなかんじで。

My present position has provided me the opportunity to apply my technical skills.
他にも、〜の経験、〜に関する知識、〜の技術などといった表現も使うといいだろう。

最後のしめは、
Let me provide you with innovative approaches to getting new customers.
と、かなり強気で行ってもよいと思う。

では、諸君の健闘を祈る。
ラベル:英語 転職
posted by だいふく at 17:35| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

英語の結辞

文章の終わりで使われる「敬具」や「草々」などの結辞
(:Complimentary Close)は、英文にもある。
以下、よく使われるもの。

もっとも一般的なもの
「Best regards,」
さらに、同僚や友人に宛てたものでは、
「Best,」「Regards,」それぞれ、一単語でも使われる。

たとえば、取引先や顧客に宛てたもの、または、
「To whom it may concern」などの敬辞ではじまるフォーマルなものでは、
「Sincerely yours,」「Yours sincerely,」
「Truly yours,」「Yours truly,」
がよく使われる。

ちょっと古くなるが、最上級の表現として、
「Faithfully,」や「Respectfully,」
なども使われる。
ラベル:英語 結辞
posted by だいふく at 11:13| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

英語の敬辞

日本語文の「拝啓」などにあたる敬辞は、英語で「salutation」と呼ばれる。
以下、代表的なもの

 男性のAさん:Dear Mr.A,

 未婚女性のAさん:Dear Miss A,
 既婚女性のAさん:Dear Mrs.A,
 未婚か既婚か分からない女性のAさん:Dear Ms.A,

 博士のAさん(男・女):Dear Dr.(Professor)A,

 性別が分からないAさん:Dear A,

 特定の個人ではない場合:Dear Sir/Madam,

 (企業など)組織宛:Dear Sirs,
           To Whom it may concern,





ラベル:英語 敬辞
posted by だいふく at 17:34| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

英語で文字化け

英語で「文字化け」は「garble(:歪める)」が一般的だろう。
Your e-mail is garbled.
で通じると思う。

ほかにも、「illegal character」、「jumbled」なんかもある。

原因が文字コードだと分かっているときは、
Send me your e-mail again with(in) other font(text).
What type of encoding did you use?
などといったかんじでいいのではないだろうか。
ラベル:英語
posted by だいふく at 17:40| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

銀行口座の開設(アメリカ、カナダ)

アメリカで銀行口座を開くには、身分証明書・ID(パスポート、国際免許証、運転免許証、学生証など)が(念のため2点)必要になる。
※普通預金、定期預金口座開設時には、納税などに必要となる「Social Security Number (SSN) 」も必要。カナダの場合は「Social Insurance Number (SIN)」。

Checking Account(当座預金口座)
:小切手発行用、利息は付かない

Saving Account(普通預金口座)
:入出金は自由、利息は低い

Deposit Account(定期預金口座)
:一定期間後、出金可能、普通預金より利息は高いが、途中解約すると手数料発生もある

ラベル:銀行 アメリカ
posted by だいふく at 17:44| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

推薦状、人物証明書

海外の大学、大学院に入学する場合、推薦状も重視されます。
英語では、"A letter of recommendation"、または、"reference"と呼ばれる。

高校卒業の場合は、担任だった先生などが作成しなければならないが、しっかりした英文作成に自信が無い場合、英語の教師やネイティブに代筆を依頼するのが一般的だろう。あとは、依頼者本人が作成する。そして、できあがった推薦状と、その和訳文を担任の先生に確認してもらって直筆のサインをもらう。

推薦人から、直接、海外の学校へ送付しなければならないこともあるので確認しておこう。
Good Luck!
ラベル:推薦状 留学 英語
posted by だいふく at 18:15| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

アメリカで取得できる学位

【準学士号】Associate's Degree
2年制大学修了時、取得。
Associate in Arts(A.A.), Associate in Science(A.S.) など

【学士号】Bachelor's Degree
大学の学部課程修了時、取得。
Bachelor of Arts(B.A.), Bachelor of Science(B.S.) など

【修士号】Master's Degree
大学院(Graduate School)進学後、修士課程修了時、取得。
Master of Arts, Master of Science など

【修士号(プロフェッショナル)】Professional Degree
専門職大学院(Professional School)修了後、取得。
経営学(M.B.A.)、法学(J.D.)、医学(M.D.) など

【博士号】Doctrate
修士号取得者が学術研究を継続し、論文発表などで成果が認められたときなど。
ラベル:留学 学位
posted by だいふく at 17:59| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

北米の学力適正試験

アメリカやカナダ留学時に必要になる学力診断テスト。
以下は、一般的なもの(とくに、USAの学校で)

【SAT】Scholastic Assesment Test
大学進学に必要。

【ACT】American College Test
大学進学に必要。

【GRE】Graduate Record Examination
大学院進学に必要。

【GMAT】Graduate Management Admission Test
ビジネススクール(経営大学院)進学に必要。

【LSAT】Law School Admission Test
ロースクール(法律大学院)進学に必要。

【MCAT】Medical College Admission Test
メディカルスクール(医学大学院)進学に必要。
ラベル:SAT ACT GMAT MCAT LSAT GRE
posted by だいふく at 17:18| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

英語力判断試験

【TOEFL】
 主に、アメリカ、カナダ、イギリスなどの大学(4年制・2年制)、大学院(一般・ビジネス・医学・法学)への留学に必要になる英語力判定の統一試験。
 「読む」、「聞く」、「話す」、「書く」の4分野の評価から構成される。ペーパー版テストからインターネット版テストでの実施が主流になった。

【IELTS】
 主に、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどの大学(4年制・2年制)、大学院(一般・ビジネス・医学・法学)への留学に必要になる英語力判定の統一試験。
 TOEFLとの違いに関しては、いわゆる「アメリカ英語」ではなく、「イギリス英語」色が強いことと、記述方式の問題が多いことである。
ラベル:TOEFL IELTS
posted by だいふく at 17:16| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

ボランツーリズム

Voluntourism: ボランティア活動と観光を組み合わせた単語。

自然災害などで被害を受けた被災地を訪問し、復興作業を手伝いながら休暇を過ごす活動をいう。ハリケーン被害を受けたアメリカで始まり、現在は、NPO団体が主体となり、日本の東北地方での活動が盛んになっている。
posted by だいふく at 15:09| 非営利、ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

銀行残高証明書

学生ビザやワーキングホリデー・ビザなどの申請時には、提出書類に財政能力証明が必要になる。これは、留学期間中に生活していけるという保証になるためである。たいてい、留学先機関への出願にも必要になるため、最低でも2通は発行してもらおう。

本人ではなく、親など家族が留学費用を出資する場合は、払う人の証明書が要求される。さらに、その人が出資する意思があることを一筆書かなければならないケースもある。

残高証明書の作成は、口座のある銀行などに依頼する。もちろん英文で。さらに、留学先の国の通貨でも表示するとよいだろう。

以下、文章はこんな感じだろう。

CERTIFICATE OF BALANCE

We hereby certify that on March 30,2012,the balance of Mr.AAA's account at his bank amounts to three million yen (= US$36,585.40).







ラベル:留学 ビザ
posted by だいふく at 18:26| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

アメリカの短期大学

短期(2年制)大学は、Community College、Junior Collegeと呼ばれ、全校の約80%が公立のものである。

プログラムは、大きく2つのコースに分かれている。

@職業訓練コース
 様々な分野の実践的な職業スキルを養う。背景として、移民者のための生涯学習といった色合いが強い。留学生にもコース終了後に、企業研修プログラム(・インターン)として1年間の就労ビザが発給される。

A大学進学(編入)コース
 4年制大学の進学準備(Transfer)のための入学。短大は、英語力などの入学基準が低いので、最初から4年制大学を目指すより、こちらのプロセスを通る留学生も多い。


2年間の過程を修了で、准学士号(Associate in Arts、または、Science Degree)を、
1年以下の短期プログラムでは、修了証(Certificate、Certification)を取得する。
ラベル:アメリカ 留学
posted by だいふく at 15:43| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

アメリカの専門学校

アメリカの専門学校は、Career School、またはVocational Schoolと呼ばれる。

イメージとしては職業訓練校に近く、社会人が仕事で使うスキルや実践的な技術を養う場といったところだろう。学習内容もCommunity College(公立短期大学)に比べ、アカデミックな要素が少ないので、入学資格も英語能力を問われず、高校卒業だけというところも少なくない。

そのため、留学生への学生ビザを発行しない学校も多く、そういった場合は、近くの語学学校(こちらで学生ビザを取得)に通いながら専門学校に入学するという方法もある。

メリット?は、様々な国籍、人種、年齢、職業の人と出会えることだ。いわゆる「普通の留学」では味わえない面白さがあり、まさに「実践的な経験」を身につけることができるかもしれない。

ラベル:アメリカ 留学
posted by だいふく at 18:27| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

アメリカの高校へ留学

アメリカの高校への留学には、大きく分けて、2種類ある。


@高校を卒業する(進学)目的の留学

 進学を目的とする留学では、私立高校に限定されている。ただし、父兄の転勤に伴うケースであれば、公立高校への留学も可能。英語力が不足している場合でも、付属の英語学習機関やクラスがある高校が多いので、英語能力の向上は可能である。

【一般的に必要な書類】
入学願書、成績証明書、推薦状、作文、財政証明書、TOEFLなどの英語力証明 など


A交換留学プログラム

 1980年代レーガン大統領の時代から活発化した「交換留学プログラム」がある。1年間の滞在ビザを取得して、ホームステイしながら公立高校などに通うスタイルである。帰国後、学校によっては、米国の高校で取得した単位を交換(トランスファー)できる。30単位前後が普通か。

posted by だいふく at 19:25| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

SEって英語?

日本のSE、「システム・エンジニア」という職種名は、和製英語であり、海外では通じないというのは、長く言われてきた。

では英語で表記するなら、どう訳すのがいいのか?
分野全体は、"IT"、または、"ICT"
"Information(Communication) Technology" で、

IT engineer, Software engineer, Programer
あたりが近い感じがする(個人的には)。

まずは、「システム」という、あいまいな部分を具体的にしていくことだろう。

自分のいる専門分野が、どこに位置するのか?

データベース:Database
ネットワーク:Network
ウェブ:Web,Internet
ソフト、アプリ:Software, Application

作業内容で見るなら、

運用者:Operator
開発者:Developer
プログラマー:Programmer
開発指揮:Project Manager, Coordinator
(ハード系)修理:Technician

を組み合わせれば、海外でも自分の職種を説明できそうである。

ちなみに国内の情報処理技術者試験名を参考にするなら、

【ITパスポート】※職業名ではないが・・・
Information Technology Passport
【基本情報技術者】
Fundamental Information Technology Engineer
【応用情報技術者】
Applied Information Technology Engineer
【ITストラテジスト】
Information Technology Strategist
【システムアーキテクト】
System Architect
【プロジェクトマネージャ】
Project Manager
【ネットワークスペシャリスト】
Network Specialist
【データベーススペシャリスト】
Database Specialist
【エンベデッドシステムスペシャリスト】
Embedded Systems Specialist
【情報セキュリティスペシャリスト】
Information Security Specialist
【ITサービスマネージャ】
Information Technology Service Manager
【システム監査技術者】
Systems Auditor

となる。

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール
ラベル:SE 英語
posted by だいふく at 19:29| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

アメリカの語学学校

アメリカの語学学校は、

・私立の英語機関や経営者が運営する学校
・大学や短大に付属する学校(English as a Second Language)

大きく分けて2つの形態がある。

いずれも会話だけでなく、読解、文法など総合的に学習できる。

私立のメリットとしては、比較的に費用を安くすることができることだろう。また、休学や休職して短期の語学留学を目指す人に合わせたプログラムも組みやすい。

その先に大学入学などを考えているのなら、専攻したい科目のある大学の付属の語学学校を探すとよい。なぜなら、付属の語学学校を終了すると、留学生の入学試験といえるTOEFLで大学入学レベルのスコアを取らずに入学することもできるからだ。さらに、大学の食堂や寮を使うので、キャンパスライフを体験できるのもいいところだ。

まずは、語学留学で、その街や文化が自分に合うかどうかを確かめよう!
posted by だいふく at 18:40| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。