2018年04月18日

仮想通貨

仮想通貨とは、インターネット上でやり取りできる通貨。

どこかの国の通貨に依存しているわけではないので、
世界中で、いつでも、どこからでも取引ができ、
国際間の出入金も早く、手数料が安いなどのメリットがある。

デメリットとしては、
投資や投機の対象として人気が上がり、価値の変動が激しい。
国や政府機関に依存していないということは、
問題が発生したときの保証もないというところだろう。

ちなみに、英語では、

virtual currency「仮想通貨」
digital currency「電子通貨」
alternative currency「代用通貨」

現在、もっとも有名になった「ビットコイン」は、

Cryptocurrency「暗号化された通貨」

ビットコイン紹介記事へ

これから、財布さえ持たずに海外に行ける日がくるのだろうか?



posted by だいふく at 13:55| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

英文履歴書のカバーレター

Cover Letter(カバーレター)は、RESUME(履歴書)に同封される1ページくらいの手紙である。
通常、3つか4つの段落で構成し、あいさつ、職歴、志望動機や希望のポジションなどを簡潔に記述する。

以下、構成内容と順番、

@自分のデータ(住所、電話番号など)、右側に
A日付、右側に
B相手のデータ(名前、役職、会社名、住所など)、左側に
C書き出し(Dear、To Whom It May Concerned など)
D第1パラグラフ(希望する部署や役職など)
E第2パラグラフ(自分の職歴やアピール)
F第3パラグラフ(貴社への志望動機)
G最終パラグラフ(お礼と連絡のお願い)
Hしめ(Sincerely など)、右側に
I自分の名前と署名(サイン)、左側に
J同封物(enc.resume など)、左側に

サンプルは、またの機会に!
posted by だいふく at 17:35| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

信用状(L/C)による取引

信用状とは、国際間などでの貿易(売買)において、銀行が輸出者と輸入者の仲介する際に発行する支払確約書。
Letter of Credit(L/C),Documentary Credit(DC)

【取引の流れ】
@買主が、銀行へ信用状の発行を依頼する
A依頼を受けた銀行が、発行した信用状を売主の取引銀行に送付する
B売主側の銀行が、売主に信用状の受取を通知をする
C売主が、商品の船積みをする(売主は船会社から船荷証券を発行してもらう)
D売主は、売主側の銀行に荷為替手形の買取を依頼する(船荷証券、インボイスなどの提出)
E売主側銀行は、買主側銀行に荷為替手形、船積書類などを送付する
F買主側銀行は、売主側銀行に代金を支払う
G買主は、買主側銀行から荷為替手形を引き取り、船荷証券を受けとる
H買主は、船会社に船荷証券を渡し、商品を受け取る

posted by だいふく at 17:34| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

キャリア・アンカー

仕事や会社を選ぶとき、何を基準にするべきだろうか?
自分が重視する価値観とは、なんだろう?

そんなときは、アメリカの心理学者エドガー・シャインの提唱する「キャリア・アンカー」という概念が役立つはずである。以下、一般的な価値観を8つに分類したものである。

・管理能力
・技術的・機能的能力
・安全性
・創造性
・自律と独立
・奉仕・社会献身
・純粋な挑戦
・ワーク・ライフバランス

この中で、自分が重視する価値観を選ぶ、もちろん、複数あってもよい。
複数ある場合は、それぞれにパーセンテージを割り振ると詳細なデータができるだろう。

たとえば、組織の中で出世して、マネージメントに関わりたいのであれば、
管理能力70%、安全性20%、奉仕・社会献身10%

とか、

常に現場で、技術屋にこだわりたいのであれば、
技術的・機能的能力60%、創造性30%、純粋な挑戦10%

など。

自分の思考に迷いが生じたときは、思考を具体的なデータにすることである。


posted by だいふく at 22:22| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

インバスケット思考

 「インバスケット」思考は、あらゆる企業の管理職に求められる。
たとえば危機的状況下で、管理者としての的確な思考能力、判断能力、組織力、意思決定力などをどれだけ持っていられるかを試されるテストやトレーニングである。

 ナビゲートでは、以下のように解説されている。
”インバスケット法とは、意思決定が必要となる案件を一定時間内に大量に処理させる訓練技法のこと。時間内にどれだけの案件を処理できたかという生産性のほか、分析力・判断力・部下育成の意識・ストレス耐性など、多角的に評価を行う。 意思決定能力を伸ばすために研修で使用されるほか、管理職としての適正を診断するための昇格試験やアセスメント研修などに使用される。”

 けっこう重要なのが、短時間で複数の重要案件を処理しなければならないとき、それらの案件にプライオリティ(優先順位)を割り振る能力だ。重要性、緊急性などを考慮したマトリックス表などを瞬時にイメージして、その表の中で、それぞれの案件がどこに位置しているかを把握し、順番に処理していかなければならない。

 問題を解くコツは、あくまで仮想世界なのだから、深刻にならずに役を楽しむことだと思う。

インバスケット思考 究極の判断力を身につける
posted by だいふく at 19:51| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

ネットで稼ぐ人のための日本一わかりやすい確定申告!

本書は、2006年に発売された『ネットで稼ぐ人のための日本一わかりやすい確定申告!』の平成19年度税制改正対応版で、FX、アフィリエイト、ネット株、オークションなど、急増するネット取引収入に対する確定申告の基本的な考え方と具体的な対処方法を、初心者にもわかりやすくまとめた便利な一冊です。もちろんネット収入についてだけでなく一般フリーランス用の確定申告指南本としても、使うことができます。
また平成19年度税制改正で重要度を増した「住民税」への対策について新たに加筆しています(第7章)。

平成23年度税制改正対応版

世界一わかりやすいネットで稼ぐ人の「確定申告」塾
posted by だいふく at 19:47| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

都会の二毛作

最近、都市での「二毛作」が流行っているという。

それは、店舗スペースの有効利用で、
時間帯によって営業する店舗を変える事業形態である。
たとえば、昼間に八百屋だったスペースが、
夜になるとカラオケスナックになるといったような。

中には、午前、午後、夜と
「三毛作」で運営されているところもあるのだとか。
さらには、その3つの店舗を同じ経営者が
やっているというから驚きだ。

たしかに、そこを通る顧客も時間帯によって変わるのだから、
この制度は、とても理にかなった経営スタイルではないだろうか。
朝にスーパー、昼に駄菓子屋、夜は飲み屋にすれば、
一般家庭の全員が顧客になりえるのである。
(ま、実際はむずかしいだろうけれど・・・)

時代は、「共存」に向けて動いている。
ラベル:二毛作 店舗 経営
posted by だいふく at 20:16| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

新支店立上げ屋

事業拡大している企業や飲食店チェーンなどが、
新しい町に新支店や新店舗を立ち上げるときに
必ず声をかけられる社員がいるのだとか。

普段は、企画やマーケティング関連の部署にいて、
初めて進出する地方、町に調査員として派遣される。
そんな職種の人たちの中で「カリスマ」と呼ばれる人物がいる。
その人物が、ゴーサインの判断を出した店は必ず成功するのである。

そのカリスマは、どこにでもいる感じの人だが、
だからこそ、どの場所の風景にも同化できる。
そして、候補地に来てからは、何もしないことが仕事になる。
駅前や公園、喫茶店やパチンコ屋をブラブラとして過ごす。
ときには、カフェや公園のベンチに一日中、座っていることもある。
そしてある日、突然に、その町の「空気」が分かるらしい。

「空気」と何なのか?
イメージみたいなものが涌くのだろうか?
カリスマは、そんな才能をどのように身につけたのだろうか?
世の中には、いろいろな才能があるものだ。
posted by だいふく at 18:06| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

雑貨ビジネス

雑貨屋には、店主の個性が出る。
和風テイスト、アジアンテイスト、ヨーロピアンテイスト様々で、
レトロな、クールな、あたたかな雰囲気をかもし出す。

雑貨総合プロデュースを学ぶなら、
→ 雑貨について学びたいっ!★ヒューマンアカデミー★

雑貨ビジネスには店舗経営、プロデューサー、バイヤー、デザイナーなど様々なステージがあります。各ステージに対応して
◇リテール
◇ショーイング
◇Shopプロデュース
◇プランニング
4つのブロックで学びます。

雑貨の商品企画、デザインの仕事を目指す方を対象に、商品企画のオーディションを実施しています。プランニングシートを作成し雑貨企画会社に提出。あなたの夢をカタチにするチャンスです。

雑貨の輸入、買い付けなど、独立開業のノウハウを指導します。ビジネス系にも実績のあるヒューマンアカデミーなら安心です。

インテリアコーディネーターとしての知識も欲しい。ラッピングにも興味があるし、リボンは何色がいいかな。カラーも楽しそう。・・・そんな欲求をかなえられるのは総合校のヒューマンアカデミーならではです。

基礎知識の習得から、デザインの心理効果やディスプレイの方法。独立開業のための資金調達や輸入実務などを、業界の最前線で活躍中の講師が、トレンドを交えながら授業を進めます。

【学習内容・対象レベル】

■カリキュラム ◇雑貨リテール・・・店舗運営、仕入れ、販売 ◇雑貨ショーイング・・・VMD、ディスプレイ ◇雑貨ショッププロデュース・・・コンセプトメイクからプレゼンテ−ション ◇雑貨プランニング・・・商品企画、デザイン

→ 雑貨について学びたいっ!★ヒューマンアカデミー★

ラベル:雑貨 雑貨屋
posted by だいふく at 17:01| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

残業は避ける

できるだけ残業はしない。
いかなる業務も時間内で終わらせる。
そのために仕事を早く片付ける技術は、貪欲に学んでいるつもりだ。

会社も時間外賃金を払うんだったら、
そのお金でもう一人雇って雇用を増やしたほうがよい。
それがダメだというのであれば、私は自分で起業する。
自由な時間のためなら、いかなる努力もいとわない。

「 時は過ぎ行く
  今日咲き誇る花も
  明日は枯れる 」

人生は短い。生きている間にできるだけ多くのことを学ぼうと思う。

ま、たいていの会社は、寛大である。
きちんと仕事をこなしている限りは。

posted by だいふく at 18:02| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

転職



転職には、なかなかエネルギーが必要です。できれば現在の仕事環境を維持する方向で進むほうが良いでしょう。

でも、このまま続けるか、新しい職場を探すかのそれぞれのメリット、デメリットを冷静に、じっくりと検討して転職を決断したならば、迷わず前に進みたいものです。今までの人生をふり返って、自分の長所、短所からも目をそらさずに履歴書、職務経歴書を作成しなければなりません。自分に合う企業が見つかるまで、慌てずに待つことができる忍耐力も必要になってくるでしょう。

まずは、落ち着くこと。
あらゆる情報に目を通しましょう。

posted by だいふく at 22:42| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。