2012年03月16日

アメリカの高校へ留学

アメリカの高校への留学には、大きく分けて、2種類ある。


@高校を卒業する(進学)目的の留学

 進学を目的とする留学では、私立高校に限定されている。ただし、父兄の転勤に伴うケースであれば、公立高校への留学も可能。英語力が不足している場合でも、付属の英語学習機関やクラスがある高校が多いので、英語能力の向上は可能である。

【一般的に必要な書類】
入学願書、成績証明書、推薦状、作文、財政証明書、TOEFLなどの英語力証明 など


A交換留学プログラム

 1980年代レーガン大統領の時代から活発化した「交換留学プログラム」がある。1年間の滞在ビザを取得して、ホームステイしながら公立高校などに通うスタイルである。帰国後、学校によっては、米国の高校で取得した単位を交換(トランスファー)できる。30単位前後が普通か。



posted by だいふく at 19:25| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。