2012年03月13日

アメリカの語学学校

アメリカの語学学校は、

・私立の英語機関や経営者が運営する学校
・大学や短大に付属する学校(English as a Second Language)

大きく分けて2つの形態がある。

いずれも会話だけでなく、読解、文法など総合的に学習できる。

私立のメリットとしては、比較的に費用を安くすることができることだろう。また、休学や休職して短期の語学留学を目指す人に合わせたプログラムも組みやすい。

その先に大学入学などを考えているのなら、専攻したい科目のある大学の付属の語学学校を探すとよい。なぜなら、付属の語学学校を終了すると、留学生の入学試験といえるTOEFLで大学入学レベルのスコアを取らずに入学することもできるからだ。さらに、大学の食堂や寮を使うので、キャンパスライフを体験できるのもいいところだ。

まずは、語学留学で、その街や文化が自分に合うかどうかを確かめよう!


posted by だいふく at 18:40| 海外留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。