2011年12月30日

手帳の使い方

新年に向けて準備することがいくつかある。

●手帳の購入

計画や時間を「見える化」することは重要である。
選ぶポイントは、使い慣れたスタイルのものにすることだろう。
個人的には、手帳の左側にスケジュールやタイトル、
右側に会った人物など内容の詳細を記入する。

最近では、「スライド手帳」というのがある。
両端がルーズリーフ・タイプになっていて、
1週間が終わったら、右側のページをそのまま左側に移動させるのである。
そうすると、いつでも左側に先週の出来事が来て、スケジュールを立てやすい。

●新年の抱負

ようは、「きっかけ」である。
年の変わり目に、習慣なども変えようという。

一般的な達成率は誓いを立てた人の1、2割だと聞く。
でも、大切なことは「改善」しようとする意思なのだろう・・・きっと。

→ おもしろぐ「新年の抱負を英語で」記事へ


ラベル:手帳 抱負
posted by だいふく at 22:16| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。