2011年12月26日

感情の利用

情動(感情)を伴った記憶は、定着しやすい。
だから、思い出には、笑ったり、怒ったり、泣いたりしている光景が多い。

情動は、集中力も生み出す。
同じ場所に10秒と座っていられない子供でも、
好きなテレビ番組や漫画を読むときは、微動だにしない。

長く覚えておきたいことは、
そのときに感情と結びつけることである。

ただし、怒りや悲しみは、やがて一人歩きすることがあるので注意が必要である。

忘れたい出来事に関しては、記憶から感情を取り除いてしまおう。
ただの「光景」にしてしまうのだ。

そのシーンを喚起するときに、(嫌な)感情も湧き上がりそうになったら、
すぐに意識を「今」に、たとえば、目の前にある指先などにふりむける。
それを繰り返すことによって、その記憶から感情が消滅するだろう。


ラベル:感情
posted by だいふく at 19:53| 心理学、哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。