2011年12月16日

LPIC

LPIC(Linux Professional Institute Certification)は技術スキルを知る客観的な判断基準として、多くの企業、教育機関、公的機関にて「取得推奨資格」に採用されています。 就職前からLPIC認定を保持していれば有利となります。 Linux技術者が必要とされている今だからこそ、就転職活動の際には、履歴書に書くだけで「できる人」とアピールできます。 また、大手ITベンダーはグループを挙げて、従業員にLPICの取得を促しています。更に一時報奨金の支給や昇給を実施する企業も多く、待遇面でもLPIC認定者は有利です。

LPIC認定技術者はこのように需要が高いため、不況に強い資格として認知されています。

不況に強い理由として、googleのインフラをはじめ、国内企業の約70%のサーバが、LINUXで構築されているからです。

1週間でLPICの基礎が学べる本

自宅でできるLinux資格「LPI」対策講座は日本でコレだけ!LPI認定資格対策講座【登録月無料】


ラベル:LPIC Linux
posted by だいふく at 20:33| 資格・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。